1. HOME
  2. ブログ
  3. 【悲報】レオパレス21、いい加減な施工がバレて、平成31年3月期業績予想の下方修正!ー前編ー

【悲報】レオパレス21、いい加減な施工がバレて、平成31年3月期業績予想の下方修正!ー前編ー

※「界壁」と呼ばれる、防火性や防音性に影響のある部材が天井裏に未設置、あるいは設置範囲が不十分だったという。建築基準法違反の疑いもある

以前、テレビ東京のドキュメンタリー番組で特集され、レオパレスのほとんどの建物が、界壁施工の不備でスカスカなことがバレてしまった。そこで、レオパレス21は、今年8月3日、平成31年3月期の業績予想の下方修正を発表。5月11日に発表した従来予想の連結純利益150億円→23.3%(35億円)減の115億円になると予想している。

【レオパレスのエアコンは3時間で停止する?!】

以前から評判のあまりよくなかったレオパレス21の賃貸物件ではあったが、この程度の損失で済んだのは、腐敗した企業の体制を許してしまう日本人の甘さがあったからだろう。

もっと読む

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

プロフィール

丸野裕行

1976年京都生まれ、佛教大学中退。株式会社オトコノアジト代表取締役。ライター、作家、脚本家、イラストレーターとして雑誌や書籍に寄稿。発禁処分の著書『木屋町DARUMA』を遠藤憲一主演で映画化。Amazonで著書30冊以上出版、ガジェット通信ライター、『初めての不動産投資マガジン』編集長、京都No.1配布率のタウン誌『京都夜本』でコラム執筆中。文化人タレントとして『サンデージャポン』(TBS)、『ダラケseason14』(BSスカパー)、『じっくり聞いタロウ』(テレビ東京)、『EXD44』(テレビ朝日)、『雨上がりのAさんの話』(朝日放送)などのTV出演などで活動。


プロフィール


人気の記事

最新の記事

Twitter