1. HOME
  2. ブログ
  3. 【新連載ルポ】全国のホームレスを救え!『ホームレス脱出大作戦』第1回

【新連載ルポ】全国のホームレスを救え!『ホームレス脱出大作戦』第1回

こんにちは! 超社会派ライターの丸野裕行です。

私はこれまで、誰も手をつけてこなかったタブーに挑戦し続け、時には後ろ指をさされ時には石をぶつけられ、そして時には社会から抹殺されかけたりしたこともありました。

そのくだらない努力とムダな気合、豚骨ラーメンの上にふりかける白ゴマの量は誰にも負けません!

体を張った潜入取材生命の危機を感じるようなルポの裏ドリに何度となく生活を脅かされたことか…。

自分の著作だった『木屋町DARUMA』の映画製作の内容だってタブー、MCを任されたラジオ番組だって放送禁止用語ばっかりで打ち切り…、じゃあ、こんなタブーしかやったことのないタブーの申し子・丸野に次は何をやれと…。

ホームレス企画は頓挫だらけ

さかのぼること、2年前。自分自身が編集長を務めるポータルサイト『初めての不動産投資マガジン』で禁断の果実に手を出してしまった《ホームレス不動産王への道》の企画は、銭勘定のできない彼らにはしょっぱなから頓挫してしまいました。

さらに『京都夜本』で連載をはじめた《ホームレススカウトマンへの道》も声をかけた女の子たちが逃げ回って、頓挫しかけです。

そこで、乞食、もといホームレスをこの世の中から無くしたいと企画したのが、禁断の第三の果実!

【ホームレス脱出大作戦】だ!

常に怠惰で、自分自身を甘やかすことしかしないホームレスに仕事をする楽しさを教え、簡単に楽々稼げる職場に放り込んで、一人前、いやリッチマンに育てあげてやる! たまには人のお役に立ちたい!

今回、本『裏ネタJournal』のスタッフたちと、協力してくれる『京都夜本』この企画を立ちあげることにしたのです!

はたして彼らホームレスは、自宅を構え、車を買えるくらいのリッチマンになれるのか!

脱ホームレス捕獲大作戦

とりあえずは、裏社会ライターつながりのツテを頼って、エイジングされたホームレス(20代、30代、40代、50代)を捕獲すべく、大阪は西成あたりをウロウロ。

路上で半分死んでいるようなヤツしかいないし、道端で睡眠薬は売ってるし、もう大変。みんな目が死んでいうし、歯がない。どうみても、どこをどう数えても歯が足りないのです。

これはどうしようもないと思い、ホームレスが多いという呼び声高い“淀川河川敷”へとむかうことにしました。ここでは、連中が農園まで作っているので、どうだろうか。リッチマンになって、この根無し草の生活を脱したいという夢を持ったホームレスはいるのだろうか?

真っ当な仕事人に育つ男に出会えるだろうか?

乞うご期待!

≫≫次回に続く!

(C)写真AC

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

プロフィール

丸野裕行

1976年京都生まれ、佛教大学中退。株式会社オトコノアジト代表取締役。ライター、作家、脚本家、イラストレーターとして雑誌や書籍に寄稿。発禁処分の著書『木屋町DARUMA』を遠藤憲一主演で映画化。Amazonで著書30冊以上出版、ガジェット通信ライター、『初めての不動産投資マガジン』編集長、京都No.1配布率のタウン誌『京都夜本』でコラム執筆中。文化人タレントとして『サンデージャポン』(TBS)、『ダラケseason14』(BSスカパー)、『じっくり聞いタロウ』(テレビ東京)、『EXD44』(テレビ朝日)、『雨上がりのAさんの話』(朝日放送)などのTV出演などで活動。


プロフィール


人気の記事

最新の記事

Twitter