1. HOME
  2. ブログ
  3. 【某雑誌でボツになった戦慄ルポ】恐ろしい復讐代行屋の一部手口を公開!ー最終回ー

【某雑誌でボツになった戦慄ルポ】恐ろしい復讐代行屋の一部手口を公開!ー最終回ー

復讐代行屋は、依頼者から報酬を受け取って、その依頼者が恨みを持つターゲットの人間に対する復讐を請け負う職業である。このような仕事に従事する者や団体を“復讐屋”と呼ぶこともある。

【復讐代行中国籍男を逮捕】

なぜ、こんな話をするのかといえば、探偵を生業にしている男に部屋を貸した不動産投資の業者が彼と仲良くなり、一緒に飲みに行ったとき、彼が復讐代行屋も兼業していると語ったのだった。

もっと読む

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

プロフィール

丸野裕行

1976年京都生まれ、佛教大学中退。株式会社オトコノアジト代表取締役。ライター、作家、脚本家、イラストレーターとして雑誌や書籍に寄稿。発禁処分の著書『木屋町DARUMA』を遠藤憲一主演で映画化。Amazonで著書30冊以上出版、ガジェット通信ライター、『初めての不動産投資マガジン』編集長、京都No.1配布率のタウン誌『京都夜本』でコラム執筆中。文化人タレントとして『サンデージャポン』(TBS)、『ダラケseason14』(BSスカパー)、『じっくり聞いタロウ』(テレビ東京)、『EXD44』(テレビ朝日)、『雨上がりのAさんの話』(朝日放送)などのTV出演などで活動。


プロフィール


人気の記事

最新の記事

Twitter