1. HOME
  2. ブログ
  3. 【買春】団地一棟まるごと売春主婦!市営団地妻売春サークル

【買春】団地一棟まるごと売春主婦!市営団地妻売春サークル

旧知のネタ元から、珍しい女を買ったと電話が入ったのは、先日のこと。
詳細を聞けば、2万でサポート募集をしていたのは21才の主婦だという。それだけの話なら、旦那にナイショでうら若き新妻がウリをやってるというありきたりな買春話。

しかし、ネタ元が語った内容はオレの想像をはるかに超えていた。
なんとその新妻、大阪の中心部に位置するN淀川区にある市営団地で結成された主婦売春のサークルに所属しているというのだ。

しかも、その無職、生活保護、母子家庭など貧民層の巣窟になっているという中規模団地では、団地全体の20~40代、はたまた50代までの主婦たちが日々の糧を手に入れるため、こぞって売春行為に明け暮れているとのこと。

この与太ともとれる話の真偽を確かめるべく、その若奥様に連絡をつけ、彼女が住む団地の近所にある喫茶店で会ってみることにした。

A~D棟まで主婦売春派閥がある

取材と聞き、めかしこんでやってきたのは、マユミ(仮名、21才)とユウリ(仮名、24才)。マユミは木下優樹菜をぽっちゃりとさせた感じのいかにもヤンキーやってましたという風貌。

ユウリは上戸彩がやさぐれたような背の小さい子で、タイトなシャツが大きな胸を強調している。

「サークルがあるって聞いてたんやけどホント?」
「あっしなぁ~、B棟に先輩住んでるしなぁ~、“B組”やねんかぁ~」

あっ、そうですかぁ…。この先が思いやられるマユミの受け答えだが、どうやら団地内に複数の売春サークルが存在しているらしい。話は本当だったようだ。

団地中の主婦すべてがエンコ―を!

「うちの団地には、A、B、C、D棟って4つあるんだけど、住んでる家族の奥さんたちはみんなやってるよ」

あっけらかんと言ってのけるユウリはちゃんとコミュニケーションが取れるようだ。彼女に通訳をしてもらい、取材を続けよう。

しかし、家賃平均3万円の低所得者向け市営団地に住む団地妻が全員夫に黙って売春をしているとは。どのようなことがキッカケでこのサークルは誕生したのか。

「アタシらは、子育てとかもお互いに協力してやってて、上の人が言うてたけど“共同体”なんやって。でも、実際、みんなといると何でも乗り越えられるって気がするねん。ギャルサーみたいなもんやわ」

彼女たちは何でも分け、どんなことでもチカラをあわせる。まるで共産主義のようだが、貧困層ではこの暮らし方が一番生活に有利なのかもしれない。驚くほどに、彼女たちの結束は固かった。

彼女たちは、料理を持ち寄っての月に1回の食事会、週に3回の家飲み会など、共同生活のような生活スタイルを送っている。

鍵の貸し借りは当たり前で、お互いの家庭の年収まで知っているというのだ。なんでも、審査の甘いサラ金や闇金などの情報まで共有し合うとのこと。

「どこの闇金は逃げ切れるとか、すぐに情報が回る。生活保護なんかも、窓口のどの人が甘くしてくれるとか、そんなんもあるよ」

相互依存の考えが浸透している一種のコミュニティーが形成されているようだ。

意外にも古典的なテレクラ利用が有利

彼女たちの話では各棟によって派閥があり、個々で別のエンコー手法を用いているそうだ。その縄張りでは、他の棟の人間は場を荒らしてはならないという黙約のようなものまで存在する。

《棟別エンコー方法》
・A棟(平均年齢28才妻多し)……出会い系サイトを利用
・B棟(もっとも若いヤンママが巣食う棟で平均年齢は23才)……FecebookやインスタグラムなどのSNSの利用
・C棟(デリヘルなど無店舗経営の現役風俗嬢を含む30代全般のしっとり系人妻多し)……紹介、客への直売
・D棟(30代後半から40代の熟女中心。中には50才を超えるエンコー女も)……出会い系アプリなど

買う側の男たちとの出会いと交渉の方法は違えど、それなりに収益をあげているらしい。しかも一見有利に見えるA、B棟の手法も熟練エンコー女たちが集結したD棟のやり方に押され気味になることもあるそうだ。

妻たちのことを黙認している旦那まで

彼女たちは一様に言う。みんなの旦那は鳶職や内装屋などのガテン系仕事だから梅雨の時期になると仕事がなくなる。

その間は無職で、パチンコを打ちに行くから生活できへんもん、と。金がなくて暇だから、パチンコへ行く。なんともベタな下流スパイラルだが、そんなに公然と売春行為を繰り返して、一緒に生活している夫には、バレないものなのだろうか。

持ち物も派手になり、ブランド物も買える。いくらなんでも、それらの品物をもらった、拾ったではすまされないだろう。
「ウチのは知ってるよ。だってそんなんバレるし、夜も出て行かせてくれへんやん。仕事中は子供の面倒みてもらわなアカンし」

ユウリはそう言うが、いくら生活に余裕がないからといって、キチンと定職についている夫が平然と妻に売春をさせるのだろうか。
「アタシらが稼げば、自分はセルシオやらクラウン乗れるやん。だから何にも言わへんよ。だって、別の棟と持ち物で負けたくないもん」

そうなのだ、彼女たちは市営住宅に住みながら子供にまでブランド品を買い与え、ダンナには国産の高級車などプレゼントし、各棟がお互いに張り合っているのだ。

「この間は、D棟のババアが、中古のベンツ買ってスーパーに買い物行ってたし、負けてられへんから、ウチもCクラスの新車買うねん。この間も、マユミはエルメスのケリー買ってたし、ウチも買うし」

屈託なく笑って言うユウリ。ここまでくると、売春を愉しんでいるとしか思えない。もし子供でもできてしまった場合はどうするのか。
「堕ろすよ。もし、旦那の子供か客の子供かわからんようになったとしても、旦那と籍抜いて、母子手当もらうから大丈夫」

「アッシも、もう3人堕ろしてるもん。それから、ピル飲むようにした。アレ飲むと太るから嫌やねん」

周りがバツイチだと自分までバツイチに……

逞しいとはこのことだろうか。彼女たちは、環境がそうさせたともいう。

「オセロってゲームあるやんか。離婚してるバツイチママの間に挟まれてると、自分も旦那と嫌なことがあったときに“別れたらええわ、何とかなるわ”って気になるんよ。エンコーも一緒。ウリやってる奥さん2人と仲良くしてると、自分も“遊ぶお金ほしい、ウリやろう”って思って当たり前やねんって、ホンマ」

そうユウリが言ったあと、けたたましく西野カナの着うたが鳴り響いた。親しそうに話す彼女。いつもの常連客らしい。

彼女は最後に「いつもの場所で…愛してるよ」と言って、スワロフスキーが鏤められたスマホを切った。(完)

(C)写真AC

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

プロフィール

丸野裕行

1976年京都生まれ、佛教大学中退。株式会社オトコノアジト代表取締役。ライター、作家、脚本家、イラストレーターとして雑誌や書籍に寄稿。発禁処分の著書『木屋町DARUMA』を遠藤憲一主演で映画化。Amazonで著書30冊以上出版、ガジェット通信ライター、『初めての不動産投資マガジン』編集長、京都No.1配布率のタウン誌『京都夜本』でコラム執筆中。文化人タレントとして『サンデージャポン』(TBS)、『ダラケseason14』(BSスカパー)、『じっくり聞いタロウ』(テレビ東京)、『EXD44』(テレビ朝日)、『雨上がりのAさんの話』(朝日放送)などのTV出演などで活動。


プロフィール


人気の記事

最新の記事

Twitter