1. HOME
  2. ブログ
  3. 【関西ブライダル×丸野裕行コラム企画㉖】ステマ被害は政治問題にまで!

【関西ブライダル×丸野裕行コラム企画㉖】ステマ被害は政治問題にまで!

どうも、特殊犯罪アナリストの丸野裕行です。

悪質なステマ被害を受けている結婚相談所・関西ブライダルさんと私がタッグを組み、『STOPステマ!私たちはステマ被害を許しません!』プロジェクトをスタート。

ネット配信番組内でも啓蒙活動スタート!

大反響のこのシリーズ! あなたの会社やご商売も、いつステマ被害に遭うかわかりません!

皆さん、「どうして解散するんですか?」というサイトが世間を騒がせたことを覚えてらっしゃりますか?

ある意味、『ステマサイトのお手本』とも言える事件が、政治を舞台にした場面でも起こってしまいました。

そうです、政治問題にもステマは潜んでいるようです。

関西ブライダルさんの被害と事例は違いますが、ステマに対する知識を持っていただければと思い、ご紹介させていただきます。

小学4年生がアベノミクス解散に疑問を投げかけるサイトを設立!

まだ記憶に新しい2014年。

自称小学4年生を名乗る中村くんという人物が開設したウェブサイト、「どうして解散するんですか?」が政治関係者によるステマではないかと囁かれ大炎上した事件。

まぁ簡単な話、その内容を一見して「国民をなめているのか!」とすぐにバレてしまったわけなんです。あまりにも稚拙なステマといてもいいでしょう。

そのお粗末な内容はどのようなものだったのでしょうか。

どう見てもプロの仕業でしかない立派すぎるサイト

一目瞭然なのが、誰が見ても小学生が作れるようなサイトとは到底思えないもの。

「why-kaisan.com 」というドメインを取得し、サイトトップにはわざとらしい黒板。小学生があえて小学生らしいデザインを選ぶでしょうか。

そして真ん中にデカデカと表示されているアクセスカウンターのような数字。これは……と見た者すべてが疑問を感じました……。

≫≫次回『誰が仕組んだステマだったのか?』へ続く

(C)写真AC

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

プロフィール

丸野裕行

1976年京都生まれ、佛教大学中退。株式会社オトコノアジト代表取締役。ライター、作家、脚本家、イラストレーターとして雑誌や書籍に寄稿。発禁処分の著書『木屋町DARUMA』を遠藤憲一主演で映画化。Amazonで著書30冊以上出版、ガジェット通信ライター、『初めての不動産投資マガジン』編集長、京都No.1配布率のタウン誌『京都夜本』でコラム執筆中。文化人タレントとして『サンデージャポン』(TBS)、『ダラケseason14』(BSスカパー)、『じっくり聞いタロウ』(テレビ東京)、『EXD44』(テレビ朝日)、『雨上がりのAさんの話』(朝日放送)などのTV出演などで活動。


プロフィール


人気の記事

最新の記事

Twitter