1. HOME
  2. ブログ
  3. 【関西ブライダル×丸野裕行コラム企画㉝】結局はブランド力がなくなり、THEステマと化してしまう結果に……

【関西ブライダル×丸野裕行コラム企画㉝】結局はブランド力がなくなり、THEステマと化してしまう結果に……

どうも、特殊犯罪アナリストの丸野裕行です。

悪質なステマ被害を受けている結婚相談所・関西ブライダルさんと私がタッグを組み、『STOPステマ!私たちはステマ被害を許しません!』プロジェクトをスタート。

ネット配信番組内でも啓蒙活動スタート!

大反響のこのシリーズ! あなたの会社やご商売も、いつステマ被害に遭うかわかりません!

本日は引き続き、人気の時計・ダニエルウェリントンのステマ疑惑について綴っていきたいと思います!

結局は、本末転倒

結論から言うと、あまりにも一般人にばら撒きすぎて、インフルエンサーマーケティングではなく、THEステマとなってしまっているということ。

有名人であれば、ステマはしてはいけないという認識があり、すれば自分の評価はガタ落ちするとわかっているので、絶対にそんなことはしませんよね。

“モラエルウェリントン”と揶揄されて……

この時計ブランド、最近はこう呼ばれているそうです。
まぁやりすぎて、自ら商品の価値をさげてしまった、ということでしょう。

私からすれば、「私この時計もらったの。クーポンコード使ったらお得になるからよかったら使ってね」なんて、上から目線で言われて欲しくはなりませんけどね。

むしろ、ばら撒き腕時計代と値引き料金まで商品代に加算されてるんじゃないかと疑ってしまいますが……。

墓穴を掘る時計ブランド

やりすぎ禁物といったところでしょうか。すっかり「モラエル腕時計」と化してしまったわけです。

しかし、デザインはとっても良い時計ですので、「クーポンコードを入力して購入」するか、「インスタフォロワーを増やして“モラエル”」ようにしてみるのもいいかもしれません。

ちなみに、直接「宣伝するのでください!」と連絡をしてもモラエルという書き込みも目にしました。

価値がないブランドは没落する

もちろん一定数のフォロワーがいることが条件なのでしょうが、そのハードルは低いものかもしれません。

ほんとかどうかはわかりませんが、気になったら試してみてくださいね。

関西ブライダルさんの被害同様、ステマをする企業は消費者から非難され、自ら価値を貶める結果に必ずなるのです。

≫≫次回へ続く

(C)写真AC

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

プロフィール

丸野裕行

1976年京都生まれ、佛教大学中退。株式会社オトコノアジト代表取締役。ライター、作家、脚本家、イラストレーターとして雑誌や書籍に寄稿。発禁処分の著書『木屋町DARUMA』を遠藤憲一主演で映画化。Amazonで著書30冊以上出版、ガジェット通信ライター、『初めての不動産投資マガジン』編集長、京都No.1配布率のタウン誌『京都夜本』でコラム執筆中。文化人タレントとして『サンデージャポン』(TBS)、『ダラケseason14』(BSスカパー)、『じっくり聞いタロウ』(テレビ東京)、『EXD44』(テレビ朝日)、『雨上がりのAさんの話』(朝日放送)などのTV出演などで活動。


プロフィール


人気の記事

最新の記事

Twitter