1. HOME
  2. ブログ
  3. ガジェット通信:『告白!借金まみれで「ヤクザの盃事会場」の手伝いをした男が見た風景』

ガジェット通信:『告白!借金まみれで「ヤクザの盃事会場」の手伝いをした男が見た風景』

どうも特殊犯罪アナリストの丸野裕行です。

暴力団のVシネマなどを観てみると必ず出てくるのが、盃事(さかずきごと)です。襲名披露や兄弟盃、親子盃、放免祝い、事務所開きなど事あるごとに様々な儀式があります。

暴力団に属するヤクザの特色はこれでお分かりの通り、親兄弟よりも深い血縁関係で結ばれているということです。

≫≫

『告白!借金まみれで「ヤクザの盃事会場」の手伝いをした男が見た風景』を読む

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

プロフィール

丸野裕行

1976年京都生まれ、佛教大学中退。株式会社オトコノアジト代表取締役。ライター、作家、脚本家、イラストレーターとして雑誌や書籍に寄稿。発禁処分の著書『木屋町DARUMA』を遠藤憲一主演で映画化。Amazonで著書30冊以上出版、ガジェット通信ライター、『初めての不動産投資マガジン』編集長、京都No.1配布率のタウン誌『京都夜本』でコラム執筆中。文化人タレントとして『サンデージャポン』(TBS)、『ダラケseason14』(BSスカパー)、『じっくり聞いタロウ』(テレビ東京)、『EXD44』(テレビ朝日)、『雨上がりのAさんの話』(朝日放送)などのTV出演などで活動。


プロフィール


人気の記事

最新の記事

Twitter