1. HOME
  2. ブログ
  3. 住宅地平均が10年ぶりの上昇、地価上昇率第1位はどこ?-最終回-

住宅地平均が10年ぶりの上昇、地価上昇率第1位はどこ?-最終回-

■鳥取の山村が人気のワケ鳥取県で唯一人口増加しているのが日吉津村。
山村であるにもかかわらず、住宅地価がなんと2.2%上昇。昨年度の1.3%からさらに増加しました。

日吉津村というのは、鳥取県では一番小さい村なのですが、住民と行政がタッグを組み、子育て支援センター開設など地域ぐるみで子育て支援に力を入れています。それが起爆剤になり、人口がゆっくりとしたスピードながら増加し、住宅需要が高まっているわけです。

【空家・空室をゼロにするリノベーション術RH一軒家シリーズビフォーアフター】

■やはり銀座は地価が高い

もっと読む

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

プロフィール

丸野裕行

1976年京都生まれ、佛教大学中退。株式会社オトコノアジト代表取締役。ライター、作家、脚本家、イラストレーターとして雑誌や書籍に寄稿。発禁処分の著書『木屋町DARUMA』を遠藤憲一主演で映画化。Amazonで著書30冊以上出版、ガジェット通信ライター、『初めての不動産投資マガジン』編集長、京都No.1配布率のタウン誌『京都夜本』でコラム執筆中。文化人タレントとして『サンデージャポン』(TBS)、『ダラケseason14』(BSスカパー)、『じっくり聞いタロウ』(テレビ東京)、『EXD44』(テレビ朝日)、『雨上がりのAさんの話』(朝日放送)などのTV出演などで活動。


プロフィール


人気の記事

最新の記事

Twitter