1. HOME
  2. ブログ
  3. 災害暴君降臨にご注意、被害後に現れる恐―いお話

災害暴君降臨にご注意、被害後に現れる恐―いお話

平成30年9月4日に近畿地方を直撃した台風21号によって各地で様々風災被害が発生しました。
建物の被害で多かったのは屋根や壁の破損です。

建物の屋根が無くなったり、壁が崩れたりの災害被害です。
被害はそれで留まらず。
台風通過後から秋雨前線が活発になり、雨模様が続いております。
建物の屋根がなくなるという事は、雨が降ると天井から雨漏りが発生して、建物内の家財道具も全てダメになってしまします。
日々雨漏り生活が日常的な状態で復旧作業をまっている状態です。

20180906_073346000_iOS

 

 

 

 

 

もっと読む

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

プロフィール

丸野裕行

1976年京都生まれ、佛教大学中退。株式会社オトコノアジト代表取締役。ライター、作家、脚本家、イラストレーターとして雑誌や書籍に寄稿。発禁処分の著書『木屋町DARUMA』を遠藤憲一主演で映画化。Amazonで著書30冊以上出版、ガジェット通信ライター、『初めての不動産投資マガジン』編集長、京都No.1配布率のタウン誌『京都夜本』でコラム執筆中。文化人タレントとして『サンデージャポン』(TBS)、『ダラケseason14』(BSスカパー)、『じっくり聞いタロウ』(テレビ東京)、『EXD44』(テレビ朝日)、『雨上がりのAさんの話』(朝日放送)などのTV出演などで活動。


プロフィール


人気の記事

最新の記事

Twitter