1. HOME
  2. ブログ
  3. 災害被害に備えたリスク管理が出来ていないと二重苦三重苦が訪れる

災害被害に備えたリスク管理が出来ていないと二重苦三重苦が訪れる

日本各地で発生している天災災害、天災はいつ起こるかわかりません。
不動産を所有していると、天災からの被害は直接的に影響してきます。

しかし、いつ起こるかわからないと言って楽観主義は危険です。
いつ起こるかわからない事は日常の準備と備えでカバーします。
どんな準備かというと、簡単です。
保険です。

20180907_103722605_iOS

現代社会では、色々な災害に対応する保険が存在します。

 

 

 

 

 

もっと読む

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

プロフィール

丸野裕行

1976年京都生まれ、佛教大学中退。株式会社オトコノアジト代表取締役。ライター、作家、脚本家、イラストレーターとして雑誌や書籍に寄稿。発禁処分の著書『木屋町DARUMA』を遠藤憲一主演で映画化。Amazonで著書30冊以上出版、ガジェット通信ライター、『初めての不動産投資マガジン』編集長、京都No.1配布率のタウン誌『京都夜本』でコラム執筆中。文化人タレントとして『サンデージャポン』(TBS)、『ダラケseason14』(BSスカパー)、『じっくり聞いタロウ』(テレビ東京)、『EXD44』(テレビ朝日)、『雨上がりのAさんの話』(朝日放送)などのTV出演などで活動。


プロフィール


人気の記事

最新の記事

Twitter