1. HOME
  2. ブログ
  3. 犯罪者インタビュー:「盗品やヤバいブツを売るリサイクル業者」に話を聞いてみた

犯罪者インタビュー:「盗品やヤバいブツを売るリサイクル業者」に話を聞いてみた

どうもどうも、特殊犯罪アナリスト&裏社会ライターの丸野裕行です。

ゴミほど安く手に入り、売りやすいものはない――こんな時代に右肩あがりに利益を伸ばしているのがリサイクルショップです。

パソコンやテレビ、洗濯機、冷蔵庫、調理器具、家具、食器、衣料、ゲーム、フィギュアにいたるまで、ありとあらゆるモノが非常にお求めやすい価格で手に入ります。誰しも一度は足を運んだことがあるのではないでしょうか。

【↑“若さ”と“富”を同時に得られる↑】

1,000億円マーケットにまで成長したこの業界。大手リサイクルショップチェーンや高級ブランドを扱っている質屋系のお店では安定の業績を保っています。

もっと読む

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

プロフィール

丸野裕行

1976年京都生まれ、佛教大学中退。株式会社オトコノアジト代表取締役。ライター、作家、脚本家、イラストレーターとして雑誌や書籍に寄稿。発禁処分の著書『木屋町DARUMA』を遠藤憲一主演で映画化。Amazonで著書30冊以上出版、ガジェット通信ライター、『初めての不動産投資マガジン』編集長、京都No.1配布率のタウン誌『京都夜本』でコラム執筆中。文化人タレントとして『サンデージャポン』(TBS)、『ダラケseason14』(BSスカパー)、『じっくり聞いタロウ』(テレビ東京)、『EXD44』(テレビ朝日)、『雨上がりのAさんの話』(朝日放送)などのTV出演などで活動。


プロフィール


人気の記事

最新の記事

Twitter