1. HOME
  2. ブログ
  3. 裏社会インタビュー:「犯罪の温床に? 秘書代行サービス経営者」に話を聞いてみた

裏社会インタビュー:「犯罪の温床に? 秘書代行サービス経営者」に話を聞いてみた

どうもどうも特殊犯罪アナリスト&裏社会ライターの丸野裕行です。

あなたは、秘書代行サービスや電話代行サービスというものをご存じでしょうか?

普通、商売を起こすには、まずはオフィスを借りて、電話を引き、社員やパートバイトを雇うなど、非常に面倒です。

しかし、この一連の流れを低料金で、すぐに可能にしてくれるのが、秘書代行サービスなんです。その利便さゆえ、一部では犯罪の温床になっているという噂もあります。実際はどんな様子なのでしょうか。

今回は秘書代行サービスを提供している会社経営者・久米田さん(仮名/48歳/運営歴21年)に、お仕事の裏側を聞きました。

もっと読む

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

プロフィール

丸野裕行

1976年京都生まれ、佛教大学中退。株式会社オトコノアジト代表取締役。ライター、作家、脚本家、イラストレーターとして雑誌や書籍に寄稿。発禁処分の著書『木屋町DARUMA』を遠藤憲一主演で映画化。Amazonで著書30冊以上出版、ガジェット通信ライター、『初めての不動産投資マガジン』編集長、京都No.1配布率のタウン誌『京都夜本』でコラム執筆中。文化人タレントとして『サンデージャポン』(TBS)、『ダラケseason14』(BSスカパー)、『じっくり聞いタロウ』(テレビ東京)、『EXD44』(テレビ朝日)、『雨上がりのAさんの話』(朝日放送)などのTV出演などで活動。


プロフィール


人気の記事

最新の記事

Twitter