1. HOME
  2. ブログ
  3. 裏社会インタビュー:計画倒産を手助けする「女恐縮屋」に話を聞いてみた

裏社会インタビュー:計画倒産を手助けする「女恐縮屋」に話を聞いてみた

どうもどうも、特殊犯罪アナリスト&裏社会ライターの丸野裕行です。

こんな仕事をしていると、様々なことを生業にしている人と出会うことが多いです。

ところであなたは計画倒産のときに社長の代わりに矢面に立って、ずっと土下座をしてやり過ごすという商売があるのをご存知でしょうか?

今回はその商売、恐縮屋(または土下座屋)に従事している女性Nさん(43歳)に、誰も知らない恐縮屋の世界を語っていただきましょう。

もっと読む

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

プロフィール

丸野裕行

1976年京都生まれ、佛教大学中退。株式会社オトコノアジト代表取締役。ライター、作家、脚本家、イラストレーターとして雑誌や書籍に寄稿。発禁処分の著書『木屋町DARUMA』を遠藤憲一主演で映画化。Amazonで著書30冊以上出版、ガジェット通信ライター、『初めての不動産投資マガジン』編集長、京都No.1配布率のタウン誌『京都夜本』でコラム執筆中。文化人タレントとして『サンデージャポン』(TBS)、『ダラケseason14』(BSスカパー)、『じっくり聞いタロウ』(テレビ東京)、『EXD44』(テレビ朝日)、『雨上がりのAさんの話』(朝日放送)などのTV出演などで活動。


プロフィール


人気の記事

最新の記事

Twitter