1. HOME
  2. ブログ
  3. 【関西ブライダル×丸野裕行コラム企画⑩】『インフルエンサーマーケティング』って何?

【関西ブライダル×丸野裕行コラム企画⑩】『インフルエンサーマーケティング』って何?

どうも、特殊犯罪アナリストの丸野裕行です。

悪質なステマ被害を受けている結婚相談所・関西ブライダルさんと私がタッグを組み、『STOPステマ!私たちはステマ被害を許しません!』プロジェクトをスタート。

ネット配信番組内でも啓蒙活動スタート!

大反響のこのシリーズ! あなたの会社やご商売も、いつステマ被害に遭うかわかりません!

ステマの中でも『インフルエンサーマーケティング』はどんどん増加の一途を辿っています。

関西ブライダルさんとは事例は違いますが、
ステマ被害の悪質性などを理解していただければと思い、ご紹介いたします。

『インフルエンサーマーケティング』って何だ?

インフルエンサーマーケティングとは、企業が影響力のある人物(インフルエンサー)に商品の宣伝を依頼すること。

Instagramで行われることが多く、前回同様、やはり有名人を使っての広告であることを明記しない、

また明記したとしてもほかのハッシュタグに混ぜて宣伝だとわかりにくいようにするなど、ステマに近いものまで含めるとかなりの数の投稿が存在します。

海外では法規制がすでにされている!

実は、海外ではこのような投稿を取り締まる法律が以前から定められています。
しかし、残念ながら日本では法規制は未だにありません。

イギリスは2008年に「不正取引から消費者を保護するための法律」という名で違法だと禁止していますから、日本も早く一手を打ってほしいものです。

海外セレブにも警鐘

アメリカでは、米連邦取引委員会(FTC)が、スーパーモデルのナオミ・キャンベルさんや女優のリンジー・ローハンさんら有名人21人に対して、

インスタグラムでの商品掲載について何らかの報酬を得たのではないかという書簡を送ったと報道がされたことで話題になりました。

ダマされないためには…

関西ブライダルさんのような企業、消費者はどうすればいいのでしょうか。

もちろん法規制を急ぐことも必要ですが、ダマされないためには
『ステマ被害』にはどのようなものがあるのか知識を持つこと!

みなさん、お気を付けください!

≫≫『俳優の山田孝之さんのステマ撃退法が面白い!』へ続く

(C)写真AC

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

プロフィール

丸野裕行

1976年京都生まれ、佛教大学中退。株式会社オトコノアジト代表取締役。ライター、作家、脚本家、イラストレーターとして雑誌や書籍に寄稿。発禁処分の著書『木屋町DARUMA』を遠藤憲一主演で映画化。Amazonで著書30冊以上出版、ガジェット通信ライター、『初めての不動産投資マガジン』編集長、京都No.1配布率のタウン誌『京都夜本』でコラム執筆中。文化人タレントとして『サンデージャポン』(TBS)、『ダラケseason14』(BSスカパー)、『じっくり聞いタロウ』(テレビ東京)、『EXD44』(テレビ朝日)、『雨上がりのAさんの話』(朝日放送)などのTV出演などで活動。


プロフィール


人気の記事

最新の記事

Twitter