1. HOME
  2. ブログ
  3. [閲覧注意] 犯罪者インタビュー:「元薬物中毒の長距離トラッカー」に話を聞いてみた

[閲覧注意] 犯罪者インタビュー:「元薬物中毒の長距離トラッカー」に話を聞いてみた

※編注・本記事には覚せい剤を使用する際の克明な記述が含まれます。ご注意ください。

どうもどうも、特殊犯罪アナリスト&裏社会ライターの丸野裕行です。

反社会勢力や芸能人以外の一般人や若年層に拡がりを見せている薬物汚染。厚生労働省の平成28年度の覚醒剤・麻薬等・大麻事犯の検挙状況件数は、13,841名。薬物押収量も最大となりました。

税関のレポートでも密輸手口はますます悪質化・巧妙化しているそうで、中国雲南省を中心に輸入が拡大しているとの情報もあります。その背景には、貧しい村人を無理やり脅したり、拉致してきた子供奴隷に精製作業をさせている組織もあるという中国製の薬物問題も横たわっています。

こうした様々な問題を抱える違法薬物。そして再犯率50%以上といわれ、常用すると社会復帰が難しいと言われる薬物常習者。その中にも血のにじむような努力の果てにきちんと社会復帰を果たした人々もいます。

今回は、覚醒剤の常習者だった久本良治さん(仮名/36歳)にインタビューをして、どのように社会復帰を果たしたのかを聞いてみました。

もっと読む

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

プロフィール

丸野裕行

1976年京都生まれ、佛教大学中退。株式会社オトコノアジト代表取締役。ライター、作家、脚本家、イラストレーターとして雑誌や書籍に寄稿。発禁処分の著書『木屋町DARUMA』を遠藤憲一主演で映画化。Amazonで著書30冊以上出版、ガジェット通信ライター、『初めての不動産投資マガジン』編集長、京都No.1配布率のタウン誌『京都夜本』でコラム執筆中。文化人タレントとして『サンデージャポン』(TBS)、『ダラケseason14』(BSスカパー)、『じっくり聞いタロウ』(テレビ東京)、『EXD44』(テレビ朝日)、『雨上がりのAさんの話』(朝日放送)などのTV出演などで活動。


プロフィール


人気の記事

最新の記事

Twitter