1. HOME
  2. ブログ
  3. <丸野裕行のシネマ辛口レビュー>『ベテラン』(2015/配給:CJ Entertainment Japan)

<丸野裕行のシネマ辛口レビュー>『ベテラン』(2015/配給:CJ Entertainment Japan)

とにかくひと言……面白すぎて気絶しそうになった!

『傷だらけのふたり』で、その演技の魅力に憑りつかれたファンジョンミンの魅力が思いっきり詰まった作品、そうそれが『ベテラン』だ。

韓国では動員数1,340万人を超えて、映画興行収入歴代3位の大ヒットを記録したときいたときは、「またまたぁ」「どうせ眉唾だろ?」なんて思っていたのだが、この型破りな“ベテラン刑事”が、経済界の闇にかみつくさまが非常に爽快!

まさに痛快活劇アクションで、ジャッキーチェンの『ポリスストーリー/香港国際警察』や『九龍の眼』以来の興奮を覚えた。

だって、日本映画だったら、普通「どうせ車をぶつけないんでしょ?」「そんな金のかかることするわけないじゃん」なんて、どうしても疑ってかかって、結果「はい! ぶつかりませんでした!」「所詮予算が少ない映画だわ」ってなるのに、本当に通りを通行止めして、車をぶつけまくるアクションをやっちゃうんだもの!

国を挙げての映画作りをやっている韓国映画の本懐が見えまくるわけですよ、ホントに! 

男気があふれ出しすぎて男気漏れしているファンジョンミン演じるベテラン刑事のプライドと、本当に憎たらしいチョテオ演じる巨大財閥シンジン・グループの御曹司の死闘がヤバいヤバい、本当にもうバイヤーですよ、お母さん!

とにかく、映画というのは“娯楽”だよ! そういえば話変わるけど、『漫画ゴラク』ってどの漫画も線が太いよねって感じです。

観客を楽しませようというスタッフ、演者の心意気を感じるエンタテイメント映画でした。

採点★★★★★

 スタッフ

監督
リュ・スンワン
製作
チョ・ソンミン
脚本
リュ・スンワン
撮影
チェ・ヨンファン
美術
チョ・ファソン

キャスト

作品データ

原題 Veteran
製作年 2015年
製作国 韓国
配給 CJ Entertainment Japan
上映時間 123分
映倫区分 G
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

プロフィール

丸野裕行

1976年京都生まれ、佛教大学中退。株式会社オトコノアジト代表取締役。ライター、作家、脚本家、イラストレーターとして雑誌や書籍に寄稿。発禁処分の著書『木屋町DARUMA』を遠藤憲一主演で映画化。Amazonで著書30冊以上出版、ガジェット通信ライター、『初めての不動産投資マガジン』編集長、京都No.1配布率のタウン誌『京都夜本』でコラム執筆中。文化人タレントとして『サンデージャポン』(TBS)、『ダラケseason14』(BSスカパー)、『じっくり聞いタロウ』(テレビ東京)、『EXD44』(テレビ朝日)、『雨上がりのAさんの話』(朝日放送)などのTV出演などで活動。


プロフィール


人気の記事

最新の記事

Twitter