1. HOME
  2. ブログ
  3. <丸野裕行のシネマ辛口レビュー>『黒いドレスの女』(’87/配給:東宝)

<丸野裕行のシネマ辛口レビュー>『黒いドレスの女』(’87/配給:東宝)

敬愛する北方謙三先生が女を主人公におき、それを取り巻く男たちの命の掛け合いを描くハードボイルド映画。

ひと言でいうと、原田知世の演技が大根。今の彼女であれば、その演技力には敬服するが、この頃はガキだ。タイトルを『黒いドレスの少女』にしてもいいのかもしれない。

そんな知世の難ありの演技に付き合わされる、この頃はイモでありきたりの演技しかできない永島敏行いぶし銀の演技を見せる菅原文太、今にも「工藤ちゃ~ん」と言いだしそうな成田三樹夫、髭もじゃでいつもの室田日出男が必死で作品を支えている。

ストーリーとしては、秘密めいた女・朝吹冽子が、数年前に変死した自分の義父が隠していた不正の金の行方を追うヤクザたちにしつこく襲われるというサスペンスチックな話。冽子を、海外への逃亡を図ろうとしている大物ヤクザと、逃がし屋などダーティーワークを生業にするバーのマスターが守る。

同時に、冽子が大事に持っている拳銃・S&Wの謎にも迫る。そこには、元新聞記者だったバーのマスター・田村の過去があった。

北方節である、いつもの男の意地と誇りの匂いは、あまり感じないものの、やはり大人のハードボイルドに仕上がっているのは、監督の崔洋一の腕なのか。

同監督作で、同じく角川映画の『友よ、静かに瞑れ』の汗と男臭さはないもののなかなか見応えのあるスピーディーな展開にも、監督の力量を感じた。

採点★★★★☆

スタッフ

監督
崔洋一
脚本
田中陽造
原作
北方謙三
製作
角川春樹
プロデューサー
黒澤満

キャスト

作品データ

製作年 1987年
製作国 日本
配給 東宝
上映時間 100分

提供:株式会社キネマ旬報社

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

プロフィール

丸野裕行

1976年京都生まれ、佛教大学中退。株式会社オトコノアジト代表取締役。ライター、作家、脚本家、イラストレーターとして雑誌や書籍に寄稿。発禁処分の著書『木屋町DARUMA』を遠藤憲一主演で映画化。Amazonで著書30冊以上出版、ガジェット通信ライター、『初めての不動産投資マガジン』編集長、京都No.1配布率のタウン誌『京都夜本』でコラム執筆中。文化人タレントとして『サンデージャポン』(TBS)、『ダラケseason14』(BSスカパー)、『じっくり聞いタロウ』(テレビ東京)、『EXD44』(テレビ朝日)、『雨上がりのAさんの話』(朝日放送)などのTV出演などで活動。


プロフィール


人気の記事

最新の記事

Twitter