1. HOME
  2. ブログ
  3. キャッシング利用での過払い金請求のデメリットと弁護士商法の今後とは?

キャッシング利用での過払い金請求のデメリットと弁護士商法の今後とは?

どうもどうも、特殊犯罪アナリスト&裏社会ライターの丸野裕行です!

数年前からキャッシング利用での過払い金請求が急増しました。それは“客寄せのための過払い金返還請求”を勧めるCMや広告が巷に氾濫したことに他なりません。
生活の中でピンチ時にキャッシングして、金融会社といい付き合いをはじめる。助かることも多々あるでしょう。しかしそのあと、手のひらを反したように過払い金の返還請求をことに、果たしてデメリットはないのでしょうか?

今回は、その点について、消費者金融の関係者と返還請求に手を貸す弁護士に話を聞いてみました。

お客様に誠意を持って対応する金融各社

お話を聞いたのはA社・K氏

「当社は、過払い返還時効の10年以前の書類でも物理的に残っている状態であれば、迅速に対応しています。他の会社もその点では同じだと思います」

丁寧に答えてくれるK氏。この業界に身を置いて……

もっと読む

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

プロフィール

丸野裕行

1976年京都生まれ、佛教大学中退。株式会社オトコノアジト代表取締役。ライター、作家、脚本家、イラストレーターとして雑誌や書籍に寄稿。発禁処分の著書『木屋町DARUMA』を遠藤憲一主演で映画化。Amazonで著書30冊以上出版、ガジェット通信ライター、『初めての不動産投資マガジン』編集長、京都No.1配布率のタウン誌『京都夜本』でコラム執筆中。文化人タレントとして『サンデージャポン』(TBS)、『ダラケseason14』(BSスカパー)、『じっくり聞いタロウ』(テレビ東京)、『EXD44』(テレビ朝日)、『雨上がりのAさんの話』(朝日放送)などのTV出演などで活動。


プロフィール


人気の記事

最新の記事

Twitter