1. HOME
  2. ブログ
  3. 監禁!虐待!指導員のオレが夏を過ごした恐怖のフリースクール!

監禁!虐待!指導員のオレが夏を過ごした恐怖のフリースクール!

どうもどうも、特殊犯罪アナリスト&裏社会ライターの丸野裕行でっす。

今から10年前の2008年8月、京都府京丹波町の『丹波ナチュラルスクール』で入所者虐待事件が起こり、経営者ら8人が逮捕されました。罪状は、逮捕監禁容疑。
フリースクールに入った入所者たちに日常的な虐待行為を繰り返していたというこの事件。これと似たようなフリースクールは、不登校児の増加と共にまだまだ残っているようです。

今回お話を聞いたのは、4年前にとあるフリースクールに勤めていた経験があるという虻川さん(仮名、34歳)。そのフリースクールも『丹波ナチュラルスクール』のような所長が牛耳っていたそうです。今も入所者たちの地獄を目の当たりにした、熱い夏の記憶がフラッシュバックしてしまうという彼の話をとくとお聞きください。

刑務所のようなスケジュール

告白者/虻川康夫(仮名)34才 大阪市 学習塾講師

もっと読む

 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

プロフィール

丸野裕行

1976年京都生まれ、佛教大学中退。株式会社オトコノアジト代表取締役。ライター、作家、脚本家、イラストレーターとして雑誌や書籍に寄稿。発禁処分の著書『木屋町DARUMA』を遠藤憲一主演で映画化。Amazonで著書30冊以上出版、ガジェット通信ライター、『初めての不動産投資マガジン』編集長、京都No.1配布率のタウン誌『京都夜本』でコラム執筆中。文化人タレントとして『サンデージャポン』(TBS)、『ダラケseason14』(BSスカパー)、『じっくり聞いタロウ』(テレビ東京)、『EXD44』(テレビ朝日)、『雨上がりのAさんの話』(朝日放送)などのTV出演などで活動。


プロフィール


人気の記事

最新の記事

Twitter