1. HOME
  2. ブログ
  3. マジで死ぬ! 『ベテランスタントマンが話す危険マル秘裏話!』

マジで死ぬ! 『ベテランスタントマンが話す危険マル秘裏話!』

どうもどうも特殊犯罪アナリスト&裏社会ライターの丸野裕行です!

『蒲田行進曲』で一躍世間に知られたスタントマンの世界。スタントマンとは、危険なアクションシーンなど要求される特殊なシーンを俳優の代わりに演じる職業。例えば、危険なカーアクションシーンや海に飛び込むシーン、火に包まれるシーンなど、秀でた反射神経と運動能力、高い運転技術などを必要とする仕事です。

では、珍重され、大切に扱われるのか?―― 答えはNO。内情は実にヒドいもので、現場では汁男優並みのエキストラ扱い。待遇も悪く、監督のひと声でさらに危険なシーンに挑むこともしばしばです。死と隣あわせで体を酷使する彼らですが、その努力が評価されることは極々まれです。今回は彼らを代表して、ひとりのスタントアクターにお話をお聞きしました。

もっと読む

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

プロフィール

丸野裕行

1976年京都生まれ、佛教大学中退。株式会社オトコノアジト代表取締役。ライター、作家、脚本家、イラストレーターとして雑誌や書籍に寄稿。発禁処分の著書『木屋町DARUMA』を遠藤憲一主演で映画化。Amazonで著書30冊以上出版、ガジェット通信ライター、『初めての不動産投資マガジン』編集長、京都No.1配布率のタウン誌『京都夜本』でコラム執筆中。文化人タレントとして『サンデージャポン』(TBS)、『ダラケseason14』(BSスカパー)、『じっくり聞いタロウ』(テレビ東京)、『EXD44』(テレビ朝日)、『雨上がりのAさんの話』(朝日放送)などのTV出演などで活動。


プロフィール


人気の記事

最新の記事

Twitter