1. HOME
  2. ブログ
  3. アイツら、マトモじゃない!環境保護テロ団体に襲われた漁師の告白!

アイツら、マトモじゃない!環境保護テロ団体に襲われた漁師の告白!

どうも、特殊犯罪アナリストの丸野裕行です。

2018年12月26日、日本政府は、約30年ぶりの商業捕鯨の再開に向けて、クジラの資源管理を担う国際捕鯨委員会(IWC)からの脱退を表明した。

古式捕鯨発祥の地として有名な和歌山県太地町の三軒町長は「代々捕鯨で生計を立てきた国内の漁業者を守るための高く評価したい決断」と歓迎しているのだが、一方で、グリーンピースシーシェパードなどの反捕鯨団体による妨害への不安がある。

以前、妨害工作が過熱していたころには、連日のように、日本船のクジラ漁用の仕切り網を切断したり、スクリューに碇や浮子を括りつけたワイヤーロープを絡ませようとしたり、発煙筒や酪酸入りの瓶を日本船に投げつけたり、さらには船に乗り移ろうとしたりとやりたい放題……

もっと読む

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

プロフィール

丸野裕行

1976年京都生まれ、佛教大学中退。株式会社オトコノアジト代表取締役。ライター、作家、脚本家、イラストレーターとして雑誌や書籍に寄稿。発禁処分の著書『木屋町DARUMA』を遠藤憲一主演で映画化。Amazonで著書30冊以上出版、ガジェット通信ライター、『初めての不動産投資マガジン』編集長、京都No.1配布率のタウン誌『京都夜本』でコラム執筆中。文化人タレントとして『サンデージャポン』(TBS)、『ダラケseason14』(BSスカパー)、『じっくり聞いタロウ』(テレビ東京)、『EXD44』(テレビ朝日)、『雨上がりのAさんの話』(朝日放送)などのTV出演などで活動。


プロフィール


人気の記事

最新の記事

Twitter