1. HOME
  2. ブログ
  3. 【必読!】災害時の備えておきたい非常食はこう選べ!ー第2回ー

【必読!】災害時の備えておきたい非常食はこう選べ!ー第2回ー

非常食というものも数多くの種類があり、災害時のいざというときに、本当に使えるものなのかって不安になりますよね。

そこで今回は、いざというときの非常食の選び方について解説していこうと思います。

【今後の展開に注目!大川商事株式会社は、今年で創業55周年!】

■3.失敗しない非常食選び

・非常食は消費期限が1年から2年の物を選ぶ

非常食というのは、基本的に言うと“ローリングストック方式”で、日常生活の中でも消費することを心がけながら備蓄するようにします。普段使う物(缶詰、レトルト食品)をたくさん買い置きして、賞味期限や消費期限が切れる前に食べて、新しく補充していくと、災害のときにも安心できます。

もっと読む

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

プロフィール

丸野裕行

1976年京都生まれ、佛教大学中退。株式会社オトコノアジト代表取締役。ライター、作家、脚本家、イラストレーターとして雑誌や書籍に寄稿。発禁処分の著書『木屋町DARUMA』を遠藤憲一主演で映画化。Amazonで著書30冊以上出版、ガジェット通信ライター、『初めての不動産投資マガジン』編集長、京都No.1配布率のタウン誌『京都夜本』でコラム執筆中。文化人タレントとして『サンデージャポン』(TBS)、『ダラケseason14』(BSスカパー)、『じっくり聞いタロウ』(テレビ東京)、『EXD44』(テレビ朝日)、『雨上がりのAさんの話』(朝日放送)などのTV出演などで活動。


プロフィール


人気の記事

最新の記事

Twitter