1. HOME
  2. ブログ
  3. 【要注意!】街の落書き・タギングに暗号が潜んでいる!-第1回-

【要注意!】街の落書き・タギングに暗号が潜んでいる!-第1回-

告白者/蒼井めぐる 大阪府 26才 無職全国各地で少し特殊な落書きが眼につくようになった。それが“タグ(タギング)”だ。

短時間でどこにでも書け、大阪のアメリカ村、東京池袋では、テレビで取り上げられるほどおびただしい数のタグに覆いつくされている。

【タギング講座】

シャッター、外壁、電柱、街灯、8階建てのビルの屋上に設置された宣伝用のボーリングピンにいたるまで…。どんなところにも存在するのがこのタギング。

タグは元々アメリカのストリートギャングの中で縄張り争いのために描いていたものが始まりだ。さて、タグにはある“暗号”が含まれている。それはかなり危険な意味になるのだ。

もっと読む

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

プロフィール

丸野裕行

1976年京都生まれ、佛教大学中退。株式会社オトコノアジト代表取締役。ライター、作家、脚本家、イラストレーターとして雑誌や書籍に寄稿。発禁処分の著書『木屋町DARUMA』を遠藤憲一主演で映画化。Amazonで著書30冊以上出版、ガジェット通信ライター、『初めての不動産投資マガジン』編集長、京都No.1配布率のタウン誌『京都夜本』でコラム執筆中。文化人タレントとして『サンデージャポン』(TBS)、『ダラケseason14』(BSスカパー)、『じっくり聞いタロウ』(テレビ東京)、『EXD44』(テレビ朝日)、『雨上がりのAさんの話』(朝日放送)などのTV出演などで活動。


プロフィール


人気の記事

最新の記事

Twitter