1. HOME
  2. ブログ
  3. 騙されるな!悪質な不動産の手口!“おとり物件”に注意!ー第1回-

騙されるな!悪質な不動産の手口!“おとり物件”に注意!ー第1回-

賃貸物件を借りるためには不動産物件サイトをチェックしたり、実際に不動産屋さんに足を運んで、物件を紹介してもらったりしないといけません。

【おとり物件という騙しのテクニック】

その中には「あっ!この物件スゴイ!駅近だし、家賃もすごく安いし、広い!」とあなたが胸躍らせる物件というものがあると思います。で、問い合わせてみると、もう入居者が決まってしまっていたという不動産屋さんからの返事が…。でも、その物件本当に存在したんでしょうか?

実際に、不動産業者というのは“おとり物件(おとり広告)”を使って、集客をする悪質な手口を使っているところもあるんです。今回は、あなたを騙すおとり物件のことをレクチャーしたいと思います!

もっと読む

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

プロフィール

丸野裕行

1976年京都生まれ、佛教大学中退。株式会社オトコノアジト代表取締役。ライター、作家、脚本家、イラストレーターとして雑誌や書籍に寄稿。発禁処分の著書『木屋町DARUMA』を遠藤憲一主演で映画化。Amazonで著書30冊以上出版、ガジェット通信ライター、『初めての不動産投資マガジン』編集長、京都No.1配布率のタウン誌『京都夜本』でコラム執筆中。文化人タレントとして『サンデージャポン』(TBS)、『ダラケseason14』(BSスカパー)、『じっくり聞いタロウ』(テレビ東京)、『EXD44』(テレビ朝日)、『雨上がりのAさんの話』(朝日放送)などのTV出演などで活動。


プロフィール


人気の記事

最新の記事

Twitter