1. HOME
  2. ブログ
  3. 投資話はいろいろあれど、損害補填してもらえるのは不動産投資だけ!

投資話はいろいろあれど、損害補填してもらえるのは不動産投資だけ!

世の中には沢山の投資話が存在しますが、
主要な投資になると株取引・為替取引・不動産だと思います。
この代表的な3つの投資(金融資産)がありますが、投資と言うものにはリスクがあります。

株投資は経済事情の影響を受けます。為替取引も為替レートによって変動させれます。

いわば丁半ばくちのところがあります。
また、この読みを見間違えてしまうと大きな損害を生んでしまいます。
この損害に関して補填する方法はありません。
損害は取り返す以外に補填する方法がありません。
しかし、大きな損害を受けた投資でもう一度起死回生のように上手く成功するかというと疑問が残ります。

もっと読む

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

プロフィール

丸野裕行

1976年京都生まれ、佛教大学中退。株式会社オトコノアジト代表取締役。ライター、作家、脚本家、イラストレーターとして雑誌や書籍に寄稿。発禁処分の著書『木屋町DARUMA』を遠藤憲一主演で映画化。Amazonで著書30冊以上出版、ガジェット通信ライター、『初めての不動産投資マガジン』編集長、京都No.1配布率のタウン誌『京都夜本』でコラム執筆中。文化人タレントとして『サンデージャポン』(TBS)、『ダラケseason14』(BSスカパー)、『じっくり聞いタロウ』(テレビ東京)、『EXD44』(テレビ朝日)、『雨上がりのAさんの話』(朝日放送)などのTV出演などで活動。


プロフィール


人気の記事

最新の記事

Twitter